首相、バブル方式「できると思う」 バッハ会長にも指摘

小手川太朗
[PR]

 東京五輪パラリンピックで来日した大会関係者の一部が、一般人との接触を避ける行動制限(バブル方式)を守っていないと指摘されている問題で、菅義偉首相は15日、記者団に「IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長に強く指摘をした。(バブル方式は)できると思う」と述べた。

 首相はこの日、選手団や関係者が多く入国する成田空港で、大会関係者らが移動する専用の経路などを視察した。その後、記者団からバブル方式の実効性を問われ、首相は「大会組織委員会とIOCが連携をしながら、しっかりやってほしい」と語った。

 空港の感染対策については「検査をしっかり行って、陽性が出た時は即座に一般の方と隔離をして対応する。そうしたこともしっかり整っていると思った」と話した。(小手川太朗)