ドコモ、企業向けグーグルグラス格安販売 5G普及探る

山本知弘
[PR]

 メガネ型の情報端末「スマートグラス」を使ったビジネスを探ろうとNTTドコモは15日、最新機種を先着200社に安値で販売すると発表した。早期に1万台を出荷し、高速通信規格「5G」を使ったサービスにつなげたい考えだ。

 スマートグラスはカメラやモニター画面などを備えたメガネ型の端末。両手をふさがずに情報のやりとりができるのが特徴で、医療や販売、製造現場など幅広い分野での活用が期待されている。

 ドコモは今回、米グーグル社製の新型端末を1台9万8千円で、一定の条件を満たした先着200社に販売する。重さは46グラムで、通常の価格は10万円台後半だという。事業アイデアも募り10万円の賞金も用意した。

 ドコモの坪谷寿一執行役員はスマートグラスについて、「携帯電話に続くこれからのウェアラブル端末の主流になる商材だと思っている」と期待する。(山本知弘)