理系思考で探せひこにゃん 県立大、来月女子向け催し

奥平真也
[PR]

 「女子中高生の皆さん、理系に興味を持って!」。滋賀県立大学(彦根市)は8月19日、女子中高生を対象に参加型イベント「迷宮大学と消えたひこにゃん2」を開催する。工学部のキャンパスを使い、謎解き形式で彦根市の人気キャラクター「ひこにゃん」を探す。女子中高生に「理系」の魅力をPRする。

 イベントは昨年11月に続き2回目の開催。キャンパス内に仕込まれた数々の謎を解き、ひこにゃんを探していく。法則を見つけたり、論理的に推理したりすることで、理系的な思考の楽しさを学んでもらう。ひこにゃんは、どこかで登場する予定という。

 工学部の担当者によると、1~4年生の女子学生は663人中79人しかいない。4年生21人、3年生20人、2年生18人、1年生20人と、1学年20人前後にとどまる。女子にもっと理系の科目に興味を持ってもらうことが目標という。

 県内在住・在学の女子中高生やその保護者、理系への進学指導に興味がある教員が参加できる。定員50人。参加無料。申し込みは特設サイト(https://rikejo.usp.ac.jp別ウインドウで開きます)から。問い合わせは工学部長控室(0749・28・8351)へ。(奥平真也)