横浜市長選に現職林氏が立候補表明 IR誘致「必要」

横浜市長選挙

武井宏之、松沢奈々子
[PR]

 横浜市の林文子市長(75)は15日、8月8日告示、22日投開票の同市長選に4選を目指して無所属で立候補すると表明した。立候補表明は9人目。争点のひとつのカジノを含む統合型リゾート(IR)誘致について林氏は、「横浜の将来にとって必要」と述べ、推進を訴えるとしている。

 林氏は4年前の市長選で自民、公明両党の推薦を受けて当選。だが自民党横浜市連は6月、多選などを理由に、立候補しても支援しないと伝え、独自候補の擁立を模索していた。

 ところが同月、同党神奈川県連会長(当時)で元国家公安委員長小此木八郎・衆院議員(56)がIR誘致とりやめを掲げて立候補を表明。市連は小此木氏を推薦するか議論したが、IR誘致を推進してきた市議らが反発し、自主投票が決まった。

 林氏は15日の会見で、政党の推薦・支持は求めないとしたが、自民市議の一部は林氏支援に回るとみられ、事実上の分裂選挙となる見通しだ。

 同市長選は他に、元横浜市立大教授の山中竹春氏(48)=立憲民主党推薦=や元長野県知事で作家の田中康夫氏(65)らが立候補を表明。ほとんどがIR誘致反対を掲げている。武井宏之、松沢奈々子)

横浜市長選挙

横浜市長選挙

2021年8月8日告示、22日投開票。林文子市長が8月29日に3期目の任期終了。争点はカジノを含む統合型リゾート(IR)誘致や、コロナ禍の地域経済など[記事一覧へ]