私の予想は当たらない…が 映画祭の賞事情、カンヌは?

有料会員記事

編集委員・石飛徳樹
[PR]

濱口監督の最高賞を期待する理由 編集委員・石飛徳樹

 カンヌ国際映画祭の授賞式が近づいてきた。今年は日本から濱口竜介監督の「ドライブ・マイ・カー」が参加している。これは古典の風格を感じさせる傑作だ。現地の評判もすこぶる良い。日本にいる私は他の23本を全く見ていないが、最高賞パルムドールを取ると断言したい気分になっている。

 問題は、私の予想が一度も当たったことがないということである。

 昨日今日の話ではなく、2001年に初めてベネチア国際映画祭に行って以来、3大国際映画祭には幾度となく出掛けているが、私の予想は常にかすりもしない。授賞式が迫ると、デスクや同僚記者から日本映画の受賞の可能性を聞かれるのだが、最近は全く信用されていない。

 もちろん、私に映画を見る目がないということもあるだろう。しかし、言い訳めいているが、それだけではないのだ。現に米アカデミー賞の予想はそれなりの確率で当たっている。

 それは、映画祭の賞の選び方に原因がある。

 カンヌに限らず映画祭という…

この記事は有料会員記事です。残り1365文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら