味方にしたい強風 ”ミレー”になったつもりでごみ拾い

有料会員記事

中山由美
[PR]

 南極大陸沿岸ラングホブデで5日間。強風で観測は遅れ、ヘリコプターも迎えに来られず、滞在は長引いたが、内心は「ラッキー」と思った。風呂に入れなくても、夜は風でテントがバタバタしてもかまわない。雑事を忘れ、大自然に浸れるのは格別だ。

 でも、うかれ気分は封じて帰らなくては。昭和基地のみんなが建設や輸送、引き継ぎで走り回っている。短い夏に作業を終わらせるのに必死だ。

 2020年1月13日、基地へ戻ると「ない」。気象棟が消えていた。1973年2月、14次隊の時に完成した建物で、アンテナを覆うカバーが帽子のようで印象的だった。輝くオーロラの下の姿は風情があり、前の越冬時は「よく撮影したな」と懐かしくなる。

7月21日 南極記者サロン

美しさと不思議あふれる南極と世界の空。オンラインイベント「南極から地球がみえる」で空の探検家と南極記者がご案内します。7月21日午後4時から、参加無料。サイト(https://ciy.digital.asahi.com/ciy/11005015別ウインドウで開きます)またはQRコードからお申し込みください。

 解体を指揮する壽松木(すず…

この記事は有料会員記事です。残り855文字有料会員になると続きをお読みいただけます。