メルケル首相最後の訪米 バイデン大統領「寂しくなる」

有料会員記事

ワシントン=高野遼
[PR]

 ドイツメルケル首相は15日、ホワイトハウスでバイデン米大統領と会談し、両国関係の強化に向けた「ワシントン宣言」を採択した。今秋に退任するメルケル氏にとっては最後の訪米とみられ、トランプ前政権時に揺らいだ関係を立て直すとともに、今後への道筋をつける会談となった。

 「ワシントン宣言」では民主主義の原則のもとで、世界的な課題に向けて取り組むことを確認。両国は気候変動やエネルギー分野でパートナーシップも立ち上げることを発表した。

 会談後の共同記者会見でバイデン氏は「強く信念に基づいたリーダーシップに感謝する」と述べ、「個人的に、首脳会議であなたに会えなくなることを寂しく思う」とねぎらった。

 メルケル氏は「この訪問によって、退任後も(両国が)対話を続けるための道を開くことができたのではないか」と語った。トランプ前大統領とはそりが合わなかったことを踏まえ、当時との比較を問う質問も出たが「どの米大統領とも連絡を取り合ってきた。今日は非常に友好的な対話だった」と述べるにとどめた。

 一方、中ロとの関係をめぐっ…

この記事は有料会員記事です。残り278文字有料会員になると続きをお読みいただけます。