山手学院エースは岡本和真 投手は「つらいけど幸せ」

大平要
[PR]

(15日、高校野球神奈川大会 星槎国際湘南18―1山手学院)

 三回表無死一、二塁。山手学院のエース岡本和真投手(3年)に出番が回ってきた。試合前の想定通りだったが、5本の長短打を浴びた。味方の失策も重なり、この回9失点。「厳しいコースを突いたつもりだが、ことごとく打たれた」

 1日20本のダッシュで下半身を鍛えてきた。小学生からずっと投手だが、負ければ自分の責任。「つらいことが9割ぐらい」。この夏、1回戦は1人で投げきり完封勝ちした。8安打を打たれたが仲間の守備にも助けられた。「投手の自分が幸せだと思った」と岡本投手。この日のコールド負けは「悔しいが相手との差を感じた」。(大平要)