「表現の不自由展」大阪で開幕 周辺は厳重警備、抗議も

有料会員記事

笹川翔平、武田肇
[PR]

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で一時中止となった企画展「表現の不自由展・その後」の出展作品を集めた展覧会「表現の不自由展かんさい」が16日、大阪市内で始まった。会場の利用をめぐって実行委員会と会場側が司法の場で争う異例の展開をたどり、初日の会場周辺には多くの警察官が立つなど、ものものしい空気に包まれた。

 展覧会には、2019年の不自由展で抗議が殺到した慰安婦を表現した少女像や、昭和天皇を含む肖像群が燃える映像作品などが出展された。施設周辺に数十人の警察官が立って警備に当たり、入り口では施設側が手荷物検査をした。展示室は新型コロナウイルス対策もかねて会場に入れる人は1時間50人に制限され、弁護士が待機した。18日までの会期中、同様の対応をとる。会場前には街宣車が通りかかり「こんな展示が許されるのか」と訴えたが、混乱はなかった。

 展覧会の告知後、抗議が相次いだことを受けて会場となる大阪府の施設「エル・おおさか」(大阪市中央区)の指定管理者が利用承認を取り消したが、実行委の申し立てを受けた大阪地裁が9日、会場の利用を認める決定を出した。大阪高裁も15日に会場側の即時抗告を棄却した。

 名古屋市での展覧会は会場に…

この記事は有料会員記事です。残り262文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら