大型オートバイ歩行者はね転倒、3人死亡 神奈川・藤沢

[PR]

 15日午後11時40分ごろ、神奈川県藤沢市辻堂東海岸4丁目の国道134号で、大型オートバイが道路を横断中の歩行者2人をはねる事故があった。オートバイは転倒し、運転手と歩行者の男女計3人が死亡した。

 亡くなったのは大型オートバイを運転していた会社員吉原将さん(38)=神奈川県平塚市南豊田=と、歩行者で、いずれも無職の遠藤理栄さん(55)=東京都八王子市下柚木2丁目=と笠井広記さん(49)=同大田区田園調布5丁目。

 県警藤沢署によると、吉原さんは知人とツーリング中で、2人をはねて転倒した際に投げ出され、前方の右折待ちの乗用車にぶつかったという。乗用車を運転していた大学生の女性(21)にけがはなかった。

 現場は片側2~3車線の道路で、近くには辻堂海水浴場がある。