宮崎にF35B配備方針を説明 知事「まだ判断できぬ」

有料会員記事

大野博、松山尚幹
[PR]

 防衛省は15日、最新鋭ステルス戦闘機F35Bを航空自衛隊新田原(にゅうたばる)基地(宮崎県新富町)に配備する方針を河野俊嗣知事ら地元首長に伝えた。短距離で離陸し、垂直着陸できる戦闘機(STOVL機)は離島防衛への活用を想定しており、中国が活動を活発化させる南西諸島に近い同基地への配備が有力視されてきた。

 九州防衛局の伊藤哲也局長らが、新富町など2市3町と県庁を訪問し、配備方針を説明。同省は、海上自衛隊呉基地広島県)を母港とする護衛艦「かが」との連携や、発着艦訓練のための自衛隊施設を整備する馬毛島鹿児島県)に近いことを選定理由とする資料を示した。

 河野知事は記者団に「新たな戦闘機部隊の配備で生じる状況の変化に対し、国がどのような対策を打つのか見極める必要がある。ポイントは安全、騒音の問題だ」と強調。受け入れの是非については「まだ不明な点もあり、今日の段階では配備に賛成、反対を判断できる状況ではない」と述べるにとどめた。

 一方、伊藤局長は「新機種の配備で飛行回数も増える。どのような影響があるかを把握したうえで対策を講じていきたい」と語った。

防衛省 約20機の配備を想…

この記事は有料会員記事です。残り439文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら