関東甲信・東北で梅雨明け 気温上昇、熱中症に注意

[PR]

 気象庁は16日、関東甲信と東北南部・北部が梅雨明けしたとみられると発表した。今年は太平洋高気圧が東から張り出しているため、四国、近畿、東海より先に関東甲信と東北で梅雨明けが発表された。

 関東甲信は平年より3日、昨年より16日早い。東北南部は平年より8日、昨年より17日早い。東北北部は平年より12日早く、昨年は梅雨明けの時期を特定していない。

 気象庁によると、関東甲信、東北とも、寒気が入り込む影響で局所的に雨が降ることがありそうだが、今後1週間ほどは高気圧に覆われ、晴れる日が続く見込み。予想最高気温福島市で16日に36度、17日に37度。盛岡市で16日に33度、17日に35度と、東北で猛暑日となる見込み。東京でも16、17日とも33度と、厳しい暑さとなりそうだ。

 総務省消防庁によると、今月11日までの1週間で、熱中症によって救急車で医療機関に運ばれた人は全国で2568人。前週からほぼ倍増した。梅雨明けして気温が上昇し、さらに増える恐れもある。気象庁は、まだ暑さに慣れていない時期は特に熱中症への注意が必要だとしている。