ステージに心臓や耳のオブジェ 生と死思う舞台、横浜で

有料会員記事

松沢奈々子
[PR]

 夏休みを前に、KAAT神奈川芸術劇場横浜市中区)で子供向け企画「ククノチテクテクマナツノボウケン」が19日まで開かれている。ダンサー・振付家の北村明子による新作に、舞台芸術で華を添えるのは現代美術家の大小島真木。初の舞台作品への挑戦を大小島は「わくわくする。ダンスとアートが絡み合って生まれる時間芸術をぜひ生で見てほしい」と語る。ちょっと不思議な冒険の世界へ、いざ――。

 広々としたステージに心臓や耳をかたどった大きなオブジェが並び、床面には大小島が「ぐいぐい描いた」というドローイングが広がる。身体や生命に訴えかける創作活動を行う大小島にとって、臓器は自身がずっと親しんできたモチーフ。ただ、いったん陳列すれば動かない展示作品と違い、舞台芸術は「一瞬たりとて同じ瞬間がないもの」と語る。「ぎゅんぎゅんと筋肉をたぎらせながら踊るダンサーに絡まれることでオブジェは機能し、完成する。それが新鮮で楽しい」

 作品のテーマはずばり、「夏…

この記事は有料会員記事です。残り478文字有料会員になると続きをお読みいただけます。