1台2万円前後のPC用キーボード「この打ち心地が…」

会員記事

高橋末菜
[PR]

凄腕しごとにん

写真・図版
40年間、キーボードの開発や市場開拓をしてきた。最新機種にも、自身が生み出した技術が詰まっている=相模原市、倉田貴志撮影

東プレ 電子機器部・技術部 主担 浅野護さん(62)

 わずかな力でキーが静かに沈む。最後まで押し込み終わる前に文字がモニターに刻まれ、指は次のキーへとなめらかに進む。

 東プレのキーボード「REALFORCE」は中心価格が1台2万円前後と高価だが、人気ランキングの上位の常連だ。独特の打ち心地が多くの人を魅了する。

 40年前に入社して以来、一貫してキーボードの開発に携わってきた。これまでに200種類以上を手がけ、試作品の具合を確かめるためにキーを押した回数は500万回超にのぼる。

 自動車のプレス用金型をつくりたいと入社した。それなのに配属されたのは、発足したてのキーボード開発チーム。楽器をつくるのかと勘違いした。

 つくったのは、銀行や航空会社が窓口などで使うキーボード。独自技術の「静電容量無接点方式」は、キーを押すことで内側の円錐(えんすい)形のバネが縮み、蓄えられる電気の量が変化する仕組み。その値が一定を超えると回路が接続され、キーを押したことが認識される。物理的な接触がなく壊れにくいのが利点だ。

写真・図版
キーに内蔵されている円錐(えんすい)形のバネ=倉田貴志撮影

 キーを押すときに必要な力(荷重)を30~45グラムと軽くし、途中までキーを押したときに二重入力される「チャタリング」も防ぐ設計にした。

 キーを押したときにメリハリのある打鍵感は好まれがちだが、強度に不安がある。様々な材質を試し、打ち心地と耐久性の両立をさぐった。「一つのキーの端を押しても、全体に力が均等にかかり垂直に押下されるものが理想」。一つずつ微妙に形が異なるキーを彫刻刀やカッターでわずかに削っては、ルーペでのぞき押下感を試す作業を繰り返した。

 パソコンの普及に伴い、個人向けの「REALFORCE」シリーズを売り出した。20年前のことだ。

 当時、個人ユーザーに人気のキーボードは、打つときに「バチン、バチン」と音がするような押下感がしっかりしたタイプ。試作品を使った人からは「打っている感じがしない」との声も。それでも「万人受けはしない。でもきっとこの打ち心地が好きな人もいるはず」と譲らなかった。

 1台1万6800円と価格を…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。