東海大菅生が初戦突破 選抜4強の好投手見習った気迫

[PR]

(16日、高校野球西東京大会 国士舘2-4東海大菅生)

 東海大菅生のエース本田峻也(3年)は西東京大会初戦の緊張感を気迫で耐えた。相手は2試合を勝ち抜いてきた国士舘。自身は左肩痛で公式戦登板は今春の選抜以来だ。3点リードの三回、前の試合で2本塁打を放っていた3番清水武蔵(3年)に2点適時打を許した。だが五回2死二、三塁では清水を直球で詰まらせ、中飛に抑え、リードを守った。

 普段はにこにこして、優しい空気をまとう左腕だが、選抜で負けた愛知・中京大中京のエース畔柳(くろやなぎ)亨丞(3年)のような気迫を出すのが今夏のテーマ。「すごい緊張したが、次は打たれたくないと腕を振った」と7回2失点と試合をつくり、エースの役目を果たした。=スリーボンド八王子