国民・玉木氏 共産との協力「戦術的な調整否定しない」

共産国民

鬼原民幸
[PR]

 国民民主党玉木雄一郎代表は16日、次期衆院選へ向けた共産党との選挙協力について、「選挙戦術的な調整は否定しない」と述べた。共産と候補者一本化を目指す立憲民主党に足並みをそろえた形だ。

 玉木氏は記者団に「小選挙区制度で野党が乱立すると、結果として自公政権の存続を許すことになる」とし、共産とのすみ分けがあり得るとの考えを示した。

 玉木氏は、政権交代が実現した場合は「自衛隊や日米安保の考え方を一致させる必要がある」と述べ、共産を含む連立政権の樹立は改めて否定した。その上で「戦術的な選挙区の調整と、政権を誰とどう担うかは少し別の次元の話だ。政権構想と個別の選挙における戦術的な調整は両立しうると思う」と語った。鬼原民幸