デジタル人民元の取引、6千億円分 「財布」は2千万個

有料会員記事

北京=西山明宏
[PR]

 中国人民銀行は16日、デジタル人民元の研究状況に関する白書を発表した。デジタル人民元の実験を始めた2019年末から今年6月末までで、取引回数は7075万回、取引金額は345億元(約6千億円)に上った。正式に運用を始める日時については決まっていないとしている。

 白書によると、人民銀行は14年からデジタル人民元の研究を開始。19年末からは深圳や開会前の北京冬季五輪会場など5カ所で実験を始め、20年11月からはさらに6カ所の都市を追加した。現在、対象都市の飲食店など132万カ所で使えるようになり、デジタル人民元の個人の「財布」は2087万個に上るという。

 白書では、デジタル人民元の…

この記事は有料会員記事です。残り260文字有料会員になると続きをお読みいただけます。