行方不明のウガンダ選手 代表外れて帰国する予定だった

有料会員記事

西江拓矢、新谷千布美 山本亮介
[PR]

 大阪府泉佐野市は16日、東京五輪出場のため同市内で事前合宿していたウガンダ選手団9人のうち、重量挙げの男性選手(20)1人が宿泊先のホテルから行方不明になったと発表した。市は大阪府警に通報し、行方を捜している。来日選手は原則として、宿泊先と競技場などを除いた移動は禁じられている。

 泉佐野市によると、行方不明になったのはジュリアス・セチトレコ選手。16日正午ごろ、新型コロナウイルスのPCR検査が行われていなかったため市職員が部屋を確認したところ、姿がなかった。16日午前0時半ごろにコーチが確認したのが最後という。

 選手らは練習場以外に外出できず、市の委託業者がホテルの出入りをチェックしていたが、セチトレコ選手が出ていくのには気づかなかったという。

 選手団は20日に泉佐野市を離れ、東京・晴海の選手村に向かう予定だった。セチトレコ選手は代表選手として来日したが、その後に代表から外れ、20日夜にコーチらとウガンダに帰国する予定だったという。

 選手団は来日後、毎日PCR検査をしており、セチトレコ選手はずっと陰性だった。パスポートは選手団が管理しているという。大阪府警泉佐野署によると、16日午後8時の時点で連絡はとれておらず、目撃情報もないという。(西江拓矢、新谷千布美)

 内閣官房によると、ウガンダ…

この記事は有料会員記事です。残り378文字有料会員になると続きをお読みいただけます。