バレエもファッションも全力「私の使命は…」 飯島望未

有料会員記事

杢田光
[PR]

 ファッショニスタとしても脚光を浴びるバレエダンサーの飯島望未。米国ヒューストン・バレエの最高位プリンシパルにのぼりつめ、この夏、熊川哲也率いる「Kバレエカンパニー」へ移籍する。新たなステージの幕があく。

7月17日午後5時45分、大阪市淀川区のメルパルクホール大阪で「堀内元 BALLET FUTURE 2021」に出演する。

バレエをもっと広めたい

 SNSにはファッション雑誌に載るような写真がいっぱい。シャネルのビューティーアンバサダーを務め、モデルとして活躍するのも納得だ。近年、この人のSNSを入り口にして「バレエを初めて見ました」と言う人も増えた。

 バレエファン以外へ、魅力をもっともっと広めたい――。「それが私の使命だと思うんです。日本のバレエ界に少しでも貢献できたら」と移籍の理由を語る。

 「考えたらすぐ行動」。スイスのチューリヒ・バレエに一時移籍したときも、今回の決断も。思い切りの良さを味方につけて、いつも未来を切り開いてきた。

 「小さい時からずっと憧れが…

この記事は有料会員記事です。残り1104文字有料会員になると続きをお読みいただけます。