不明のウガンダ選手、部屋に残したメモ 駅で切符買う姿

有料会員記事

西江拓矢
[PR]

 大阪府泉佐野市は16日、東京五輪出場のため同市内で事前合宿していたウガンダ選手団9人のうち、重量挙げの男性選手(20)が宿泊先のホテルから行方不明になったと発表した。市は大阪府警に通報し、行方を捜している。来日選手は原則として、宿泊先と競技場などを除いた移動は禁じられている。

 16日夜に取材に応じた千代松大耕市長や市の説明によると、行方不明になったのはジュリアス・セチトレコ選手。16日正午ごろ、新型コロナウイルスのPCR検査が行われていなかったため市職員が部屋を確認したところ、姿がなかった。

 部屋には「ウガンダの生活は厳しいので、ウガンダには帰らない。日本で働きたい。部屋の荷物は家族に渡して欲しい」という内容のメモが残されていた。

 市に隣接する熊取町のJR熊取駅で16日午前6時半ごろ、セチトレコ選手が切符を買う姿がカメラに映っていた。買ったのは名古屋行きの新幹線切符で、クレジットカードとスマートフォンを持っているという。

 ウガンダ選手団は20日に泉…

この記事は有料会員記事です。残り382文字有料会員になると続きをお読みいただけます。