「かもめ島マリンピング」8月スタート 北海道・江差

有料記事

三木一哉
[PR]

 北海道江差町の江差観光コンベンション協会が、町の観光名所、かもめ島の自然や風景を楽しむ滞在プラン「かもめ島マリンピング」を8月21日から始める。海にかかわる地域の文化や自然を楽しむ海洋体験・海洋教育の拠点づくりを掲げた企画だが、どんな楽しみがあるのだろう。

 二つのセミダブルベッドを備えた直径6メートルのドーム状テントに滞在する「マリンピング」と、テントやキャンプ用品一式を貸し出す「手ぶらキャンプ」の2プランがあり、ガイド付き島探検、カニ釣りなど、江差の自然や歴史を体験するアクティビティーも組み込んだ。

 「マリンピング」は豪華な自然体験が売り物。1日1組限定で、夕食はバーベキューセットかディナーボックスを選び、地元の精肉店や居酒屋から届く。ディナーボックスは、サクラマスやウニなど、近海の海産物の料理を提供する。

 「手ぶらキャンプ」では、キャンプサイト(頂上)でテントを貸し出し、設営の補助つき。島探検、カニ釣りの2種類のアウトドア体験ができる。夕食(バーベキュー)つき。

 宿泊しない体験活動のみの「海洋体験プラン」も設ける。ガイド付き島体験、たこ揚げ、海釣り、カニ釣りなど。

 雨天時には、開陽丸見学やいにしえ街道散策などの活動をするという。

 江差は江戸時代はニシンの漁…

この記事は有料記事です。残り514文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!