「異例の時代に異例の会合」 APEC首脳らが臨時開催

有料会員記事新型コロナウイルス

小暮哲夫=シドニー、新宅あゆみ 半田尚子、シンガポール=西村宏治 ワシントン=園田耕司、青山直篤、北京=高田正幸
[PR]

 21の国・地域が参加するアジア太平洋経済協力会議(APEC)の非公式首脳会議が16日、オンライン形式で開かれた。コロナ禍で傷ついた経済の立て直しに向けて議論した。ワクチン接種を協力して進めていくことなどを盛り込んだ首脳声明を採択した。

 例年は秋に首脳会議を開いているが、コロナ禍を受け、今年の議長国のニュージーランド政府の意向で、非公式会議を初めて追加で開くことになった。菅義偉首相バイデン米大統領、ロシアのプーチン大統領らが出席したほか、中国の習近平(シーチンピン)国家主席もビデオ演説し、「APECに資金を寄付し、コロナ対策と経済復興のための基金を設立する」と表明した。

 日本政府によると、菅首相は東京五輪パラリンピックについて、「人類の努力と英知によって難局を乗り越えていけることを世界に向けて発信したい」などと発言したという。

 首脳会議では、感染拡大を抑…

この記事は有料会員記事です。残り2263文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]