東京地検特捜部で火災、けが人なし 机やパソコン燃える

[PR]

 東京都千代田区霞が関1丁目で16日午後11時10分ごろ、政府の中央合同庁舎6号館から出火し、東京地検が入る10階事務室の机1台とパソコン2台が燃えた。関係者によると、この事務室は地検特捜部の事務官の部屋で、スプリンクラーが作動し、周囲は水浸しになった。紙の資料も焼損したという。けが人はいなかった。地検と警視庁東京消防庁が原因を調べている。

 警視庁や東京消防庁によると、事務室は出火当時、無人だった。火災報知機が作動して警備員や消防が覚知。消防車20台が出動し、消火に当たったという。

 関係者によると、現場では複数のパソコンのコードがコンセントに挿し込まれたままになっていた。断線したコードもあったという。何者かが事務室に侵入したような痕跡はなく、漏電などの可能性が高いという。今後、地検や警視庁が詳しく調べるとみられる。

 東京地検は17日、消防などの出動を受けたことについて「深くおわび申し上げる。消防などの調査に協力し、その結果をふまえ適切に対応していく」とのコメントを出した。

 現場は皇居の桜田門から南東に約300メートルの霞が関の官庁街。法務省の「赤れんが棟」や東京地高裁に隣接し、近くには警視庁の本部や日比谷公園がある。