香港歌手デニス・ホー 抵抗の記録映画、各地で公開

有料会員記事

笹川翔平
[PR]

 中国での商業的な成功を捨て、故郷・香港の民主化運動に身を投じた歌手をアメリカ人監督が追ったドキュメンタリー映画が、関西各地で公開される。香港国家安全維持法国安法)による厳しい取り締まりで言論や表現の自由が急速に失われるなか、抵抗の記録を世界に伝えたいとの思いが込められている。

写真・図版
「デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング」の一場面(C)Aquarian Works, LLC

 映画は「デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング」。中国本土でも活動し、世界的なブランドのCMに起用されるなど成功を収めた香港の人気歌手デニス・ホーが、2014年の雨傘運動をきっかけに民主化運動に積極的に関わる姿にカメラを向けた。

写真・図版
スー・ウィリアムズ監督

 スー・ウィリアムズ監督は17年夏に共通の友人を介してデニス・ホーと知り合い、18年から19年にかけて撮影した。撮影期間は、逃亡犯条例改正案に抗議する19年の200万人規模のデモなど、民主化運動が大きなうねりとなった時期と重なった。「撮影を終わらせようとしても様々なことが起こり、どのような結末になるかはなかなか分からなかった」という。

 作品は中国での仕事を失いな…

この記事は有料会員記事です。残り367文字有料会員になると続きをお読みいただけます。