英、1日の感染者は5万人超 でもロックダウン解除へ

新型コロナウイルス

ロンドン=金成隆一
[PR]

 英政府は16日、新型コロナウイルスの1日当たりの新規感染報告が5万1870人だった、と発表した。感染の再拡大が止まらない中、政府はワクチン接種で重症化を抑えられているとみて、今月19日、イングランドでのロックダウン都市封鎖)の法的規制をほぼ解除する。

 1日当たりの感染報告が5万人を超えたのは1月中旬以来。インドで最初に見つかった変異株(デルタ株)が広がり、5月は2千~4千人前後だったが、6月17日に1万人、同28日に2万人、7月7日に3万人、同14日に4万人、同16日に5万人を超えた。

 ジョンソン首相は7月5日に「(規制を解除する)19日までに5万人になるかもしれない」と述べていたが、その通りとなった。ジャビド保健相は「夏に10万人に達する可能性」を認めており、増加傾向が続くとみられる。

 ロンドン市内では今月11日にサッカー欧州選手権の決勝があり、大勢のファンが会場やパブでマスクなしで大歓声を送った。その影響も懸念される。

 政府は「ワクチン接種が感染者が重症化したり死亡したりする可能性を弱めている」と判断してきた。英国では成人の87%がワクチンの1回目を、67%が2回目を完了。死者は過去1カ月間、1日10~60人前後で、1千人台が続いた1月からは大きく減っている。

 一方、規制解除の延期を求める世論も強い上、感染者と濃厚接触したとして隔離を求められた人が7月の最初の1週間で50万人を超え、飲食業界などでの人手不足が懸念されている。(ロンドン=金成隆一)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]