1年生右腕、強豪・創志学園追い詰める 中盤まで無失点

雨宮徹
[PR]

(16日、高校野球岡山大会 創志学園4-3倉敷)

 相手は優勝候補といわれ、強打者がずらりと並ぶ創志学園。それでも倉敷の1年生右腕・坂本大和君は動じなかった。

 野球を教えた父の丈治さん(50)が「毛が生えている」という強心臓。低めに集める丁寧な制球と、時折みせる140キロ近い速球で6回終了まで被安打3、無失点に抑え、あわやという展開の立役者となった。

 ただ七回につかまった。四球で出した走者を三塁まで進められ、犠飛で初失点。さらに1点を失い、八回に走者を2人出したところでマウンドを降りた。

 4点を追う九回。満塁で打席が回ってきた。「取り返してやる」とフルスイングし、左翼線への二塁打。一気に1点差に迫り、押せ押せとなった。

 ところが二塁走者として飛び出したところを、捕手の好送球に刺され、万事休す。「9イニングをしっかり投げられるように、もっと鍛えないといけない」と成長を誓い、球場を後にした。(雨宮徹)