田中将が仙台での球宴第2戦も欠場 ワクチン副反応か

[PR]

 日本野球機構(NPB)は17日、楽天の田中将大投手と浅村栄斗選手、日本ハム近藤健介選手が、マイナビオールスターゲームの第2戦(楽天生命パーク宮城)を体調不良で欠場すると発表した。3人は16日の第1戦(メットライフドーム)も欠場していた。

 田中将と浅村が第1戦を欠場した際、楽天は2人が15日に新型コロナウイルスの2回目のワクチンを接種しており、副反応とみられる症状が出ていると説明していた。近藤については、NPBが17日に急性胃腸炎が原因と発表した。

 田中将は今季、8年ぶりに大リーグから日本球界に復帰。東日本大震災から10年という節目の年に、渡米前の2013年以来となるオールスターへの出場が予定されていた。監督推薦で選出された時には「本拠地で開催されると知っていたので、チャンスがあれば出たいと思っていた。ファンの方々がわくわくするような、見入ってくださるようなパフォーマンスができれば」と話していた。

 3選手は東京オリンピック(五輪)の野球日本代表にも選ばれている。