佐久長聖が1点差で敗退 岡谷南、命運を分けたスクイズ

佐藤靖 高億翔
[PR]

(17日、高校野球長野大会 岡谷南1-0佐久長聖)

 「昨年の3年生のためにも、甲子園に行って喜んでほしかった」

 準々決勝で敗れた佐久長聖。森本貫太郎主将(3年)は試合後も涙が止まらなかった。

 昨夏の独自大会の覇者も、甲子園で試合はできなかった。その時の3年生は今年のチームの練習に参加して強化に努めてくれた。

 森本は九回裏の先頭打者。結果は内野ゴロに倒れたが、一塁に頭から滑り込んだ。

 「3年生が自分を信じてついてきてくれた。出塁して後ろにつなげようと思ったが、申し訳なかった」と言葉を振り絞った。

 藤原弘介監督は「森本を中心にチームワークがしっかりしていた。今年は何としても、という思いが強かっただけに、勝たせてあげられずに申し訳ない」と振り返った。(佐藤靖)

     ◇

 無死三塁の場面でセーフティースクイズのサインが出たとき、岡谷南の小口航生(2年)は「一瞬、頭が真っ白になった」。佐久長聖の投手は、代わったばかりで直球が自慢の藤井輔(3年)。威力がすごいな、と思った矢先のサインにたじろいだ。

 でも九回表で0―0。やるしかない。真ん中に来た直球を三塁側に転がすと、遅めにスタートを切っていた古野道郎(同)が頭から突っ込み、セーフに。これが決勝点になった。

 4回戦の松本国際戦でも、九回表2死から逆転3点本塁打で試合をひっくり返した小口航。2戦連続で「九回表の男」となり、「びっくりです」と声を震わせた。

 試合を作ったのは主将で背番号「10」を背負う高橋佳(同)だ。「佐久長聖は外の変化球には強いが、内角の直球に弱い」と春原ケンジ監督は分析。「制球力で突こう」と高橋の先発を決め、速球派の星野光太(同)との零封リレーでしのいだ。

 どちらかといえばこれまで「打のチーム」を作ってきたという春原監督。接戦での勝利が続いていることに「うちらしくない、しびれる展開」と興奮冷めやらぬ表情だった。(高億翔)