余った食パン使ってクラフトビール フードロス減へ開発

渡辺七海
[PR]

 【奈良】余ったり形が崩れたりした食パンを使ったクラフトビールを、「奥大和ビール」(宇陀市)とカフェ「プラススクエア」(田原本町)が連携して商品化した。フードロスを減らす目的もある。

 プラススクエアが製造した食パンで売れ残った分などを冷凍保存し、奥大和ビールが醸造した。小麦麦芽や細かくした食パンなどを使う。酸味があり、パンの香ばしさも感じられる出来上がりだ。

 10キロの食パンを使った約250リットル分を4月からそれぞれの店舗などで売り出した。プラススクエアの嶋田雄三店長は「SDGs(持続可能な開発目標)の一環として始めた取り組みです」。

 奥大和ビールの「ブレッディウィート」(発泡酒)は店舗やホームページ(https://okuyamato-beer.jp/別ウインドウで開きます)で購入できる。プラススクエアの「食パンで造った小麦のお酒」(同)は同店で。(渡辺七海)