コロナ起源調査は「科学的だ」WHOが中国に支援求める

有料会員記事新型コロナウイルス

ローマ=大室一也
[PR]

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は16日、加盟国と非公開の会合を開き、新型コロナウイルスの起源に関する次の調査の計画を説明した。前回調査した中国・武漢の研究所や市場も含まれており、中国に対しすべてのデータを公開するよう要望。新たに専門家らからなる常設の科学諮問グループをつくって臨む意向も明らかにした。

 WHOによると、テドロス氏は会合の冒頭、「1月からの調査の報告で一定のデータが確認され、新たに調査が必要な分野も明確になった」と発言。次の調査では、ヒトや野生生物、家畜、自然環境を横断的に調べ、最初に集団感染が確認された華南海鮮卸売市場など、武漢とその周辺の動物を扱う市場も対象に含めるとした。

 また、2019年12月に最初にヒトの症例が確認された地域で活動する研究所や調査機関を監査するとしており、米国が流出源と疑う武漢ウイルス研究所でも改めて調査したい考えだ。

 テドロス事務局長は、欧米などが新型コロナの起源について追加の調査を求めていることに、中国が「政治的な動きだ」と反発していることを念頭に、「起源を発見することは政治に干渉されない科学的な行為であることに同意する」と述べ、中国に必要なデータをすべて公開して調査を支援するよう求めた。

 また、前回、武漢に入った調…

この記事は有料会員記事です。残り364文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]