ラグビーの南ア選手団のスタッフが陽性 鹿児島市に到着

新型コロナウイルス

白石昌幸
[PR]

 鹿児島市は18日、東京五輪の事前合宿で同市に到着したラグビー南アフリカ選手団の40代男性スタッフ1人が、新型コロナウイルスの検査で陽性になったと発表した。市によると、17日の検査で陽性が確認されたという。

 選手団は18日の練習を中止して市内のホテルで待機。濃厚接触者の有無について市保健所が選手らを調査する。

 選手団は13日に成田空港に到着したが、搭乗機に新型コロナに感染した乗客がいたため、首都圏の一時滞在施設で待機。濃厚接触者とされたスタッフ1人を除く20人の選手団が、予定より3日遅れて17日に航空機で鹿児島入りした。

 このうち、40代の男性スタッフは、前日の民間機関の検査で陽性反応が出たことが移動途中に判明。到着した鹿児島空港から同市内の病院に直行し、再検査していた。選手団は17日夕から開始を予定していた練習を中止していた。(白石昌幸)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]