韓国の駆逐艦で68人感染 ソマリア沖、300人が乗船

新型コロナウイルス

ソウル=神谷毅
[PR]

 韓国軍の合同参謀本部は18日、海賊から韓国船舶を保護するため、アフリカ東部ソマリア沖に派遣している海軍の駆逐艦「文武大王」(4400トン)の乗組員68人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 艦内は気密性が高いうえ、空調設備が全ての区画をつないでいることから、感染者が増えるおそれがある。300人余りが乗船しているが、ワクチンを接種した乗組員は一人もいないといい、「国のために派遣したのに国は守ってくれなかった」(朝鮮日報)と軍や文在寅(ムンジェイン)政権の対応に批判が出ている。

 合同参謀本部は作戦を事実上中断し、18日に乗組員を帰国させるための輸送機2機を出発させる。

 部隊は2月に派遣され、8月初めに交代する予定だった。6月末に近隣国に寄港しており、今月2日から乗組員が風邪のような症状を訴えた。ただ、新型コロナの検査は行わず、風邪薬を与えただけだったと韓国メディアは報じている。(ソウル=神谷毅)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]