岸防衛相「コロナ影響も開催の時来た」 五輪支援団編成

松山尚幹
[PR]

 東京五輪パラリンピックで会場警備や国旗掲揚などにあたる自衛隊支援団の編成完結式が18日、陸上自衛隊朝霞駐屯地東京都練馬区など)であった。岸信夫防衛相は「新型コロナの影響もあり、国内で様々な議論が惹起(じゃっき)されてきた。しかし、開催の時は来た」と訓示した。

 岸氏は「かつてない形での開催になるが、世界最高の選手が競技することによって、世界中に勇気と感動を与えるその価値はいささかも減じるところはない」と語った。

 自衛隊は、大会組織委員会からの依頼に基づき、約8500人の隊員を派遣する。自転車ロードレースの沿道警備やセーリング競技での海上救護、各会場でのセキュリティーチェックなどにあたる。

 開会式や表彰式での国旗掲揚も自衛隊員が担う。自衛隊の各駐屯地などでは毎日国旗を掲揚しており、「自衛隊は国旗掲揚の練度が高いということで依頼があった」(防衛省の担当者)という。朝霞駐屯地ではこの日も隊員たちが国旗にみたてた布を使い、本番に向けた手順を確認していた。(松山尚幹)