左手に障害あるエース 昨夏の準優勝校相手に粘りの投球

滝沢貴大
[PR]

(17日、高校野球和歌山大会 初芝橋本6-3神島)

 神島のエース笠松子龍(しりゅう)君(3年)は尻上がりに調子を上げ、接戦のまま終盤を迎えた。七回表2死二、三塁とされたところで足がつり、いったんベンチへ。中瀬学監督から「この回で最後」と告げられた。ここを抑えれば、味方が取り返してくれると気合を入れた。次打者を敬遠し、最後の勝負へ。2球目、相手打者がスライダーを打ち上げると、左翼の金子有成君(3年)が懸命に走ってつかんだ。ピンチをしのいで、仲間とハイタッチした。

 笠松君は生まれつき左手に障害があり、ボールをつかんだり、グラブをはめたりすることはできない。左利き用のグラブを左手の上に乗せて投球後、素早く右手に着け替えて捕球するプレースタイルを自分で編み出した。人一倍努力を重ね、最後の夏は背番号1をつかんだ。

 中瀬監督は「(背番号1を託したのは)実力。練習試合から安定していた」。試合は序盤、変化球の制球で苦しんだが、「五回以降は胸を柔らかく使った理想の投球ができていた」と評価。昨夏の独自大会準優勝校を相手に、7回3失点と粘投し、六回には主軸を三者凡退に抑えた。

 そんなエースをこの日のチームは無失策で支えた。七回に好捕した金子君は「子龍が頑張っていたので、自分のところに飛んでこい、取ってベンチに返ってやると思っていた」。

 球児だった父親の影響で笠松君が野球をはじめて約10年。これでやめるつもりだ。人より苦労は多かったが、野球をやってよかったと思っている。「悔いはない。つらいときもあったが、楽しかった。今の仲間とやってきてよかった」。目に涙をためながら、言い切った。(滝沢貴大)