「自民が割れる」逆風に内輪もめ コロナや五輪でない訳

有料会員記事

[PR]

 「衆院選を前に、自民党県連が割れてしまう」

 6月中旬、愛知県内の自民県議や市議がそんな危機感から集まった。

 新型コロナウイルス感染対策ワクチン供給、東京五輪をめぐり政権与党は批判の矢面に立つが、この日の「危機感」はそういう話ではなかった。

 議題の中心は次の県連会長選と、それを行う「県連大会」をいつ開くかだった。

 自民は4月の衆参3選挙で全敗、7月の東京都議選も目標に遠く及ばなかった。逆風下の衆院選を予期させる動きが続いたこの間、愛知県連(会長=藤川政人参院議員)で起きていたのは「県連会長の座」をめぐる国会議員の騒動だ。

 県連幹部が5月上旬、丹羽秀樹衆院議員(愛知6区)を「話もせずに走り出し、藤川が不愉快に思うだろう」と電話でたしなめた。

 丹羽氏が「次の県連会長選に出る」と、あいさつ回りを始めたからだ。

今秋までに実施される衆院選愛知県内(全15選挙区)でも各党が準備を進めるなか、自民党県連内では国会議員による「一触即発」の騒動が起きていた。

 かつて「民主王国」と呼ばれ…

この記事は有料会員記事です。残り1182文字有料会員になると続きをお読みいただけます。