白鵬父が見いだした照ノ富士 史上最大の復活劇は続く

有料会員記事

[PR]

 大相撲名古屋場所千秋楽の18日、大関照ノ富士(29)=本名ガントルガ・ガンエルデネ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が横綱白鵬と全勝対決。白鵬の小手投げに屈して優勝は逃したが、場所後の第73代横綱昇進は確実となった。

 モンゴル・ウランバートル出身。少年時代に白鵬の父、ムンフバトさんに素質を見いだされた。親類がムンフバトさんの知人という偶然の出会いだった。「将来は大相撲モンゴル相撲をやりなさい」。レスリング選手としてメキシコ五輪で銀メダルを獲得し、国民的英雄だったムンフバトさんからの助言だった。

 照ノ富士は、ムンフバトさんに勧められ、体育学校に入った。だが、柔道の練習がきつくて「やりたくない」と登校拒否。それでもムンフバトさんは見捨てず、知人の柔道クラブを紹介し、応援し続けた。

 「この子なら大相撲で強い力…

この記事は有料会員記事です。残り790文字有料会員になると続きをお読みいただけます。