• アピタル

選手村初感染は南アフリカサッカー選手 日本と対戦予定

[PR]

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの大会組織委員会は18日、選手村東京都中央区)に滞在する海外からの選手2人が、新型コロナウイルスの検査で陽性になったと発表した。選手村に滞在する選手の感染が確認されたのは初めて。

 南アフリカオリンピック委員会はこの日、この2選手と、前日に陽性が発表されたスタッフの計3人は同国サッカー男子のメンバーだと発表した。組織委は当初、国籍などを明かしていなかったが、発表を受けて事実関係を認めた。同国は22日、1次リーグ初戦で日本と東京で対戦予定。組織委幹部によると、チームのほぼ全員が濃厚接触者に認定される見込みで、その場合、試合直前のPCR検査で陰性が確認されれば出場が認められる。

 組織委によると、この3人は村外の施設に隔離した。残りのメンバーは選手村の自室で待機し、この日は練習をしていないという。濃厚接触者に認定されても、検査で陰性が確認されれば練習できるという。

 選手らが入村できるのは原則、試合開始5日前からだが、陽性になった選手2人は、時差調整などを理由に5日前より早く入村を認められたという。今月初めから選手らの行動ルール(プレーブック)の運用が始まって以降、組織委が公表した感染者の数は計55人となった。