(魂の中小企業)日本一のマネジャー、そして壊れた心

有料会員記事

[PR]

うつ、パニック。私は900万人の味方(上)

 心の病は、つらいものです。筆者の私も昔、心が壊れかけました。心療内科に通うと、医師が言いました。

 「あなたの心が弱いわけではありません。みんなに起こりかねないことです。ただし……、仕事を変えてください」

 そうするわけにも行かず、ずるずると。人事異動で環境が変わり、自然に治りました。ラッキーでした。

 さて、宇都宮市から車で20分ほどいった鹿沼市。そこに、「ミンナのミカタぐるーぷ」という組織があります。

 障がいがある方たちに働く力をつけてもらう「就労継続支援B型事業所」。

 障がい者と雇用契約を結んで働いてもらう「就労継続支援A型事業所」。

 各地にある支援施設と企業とを仕事でつなぐ「マッチングサービス」。

 そんなことをしている会社の集まりです。

 「ぐるーぷ」全体を運営しているのは兼子文晴(ふみはる)さん、41歳。彼は、満面の笑みで言います。

 「わたしは、この国から『障がい』という言葉と概念をなくしたい」

 障がい者が、しっかり仕事をしていく。企業の大戦力になっていく。そうなれば、障がいは、ただの個性。障がいという言葉、概念がなくなる。

 そう考えている兼子さん。じつは、心が壊れた経験があります。そこからの復活で、今があります。

 前編後編、2回に分けて、彼の半生をお送りします。

写真・図版
「ミンナのミカタ」の兼子文晴さん。笑顔でにぎやかな人物です=栃木県鹿沼市のオフィス

    ◇…

この記事は有料会員記事です。残り1887文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載魂の中小企業

この連載の一覧を見る