吹田署交番襲撃、弁護側「責任能力ない」と無罪主張

有料会員記事

森下裕介 田内康介 染田屋竜太
[PR]

 大阪府吹田市の交番で勤務中の警察官を刃物で刺して拳銃を奪ったとして、強盗殺人未遂と銃刀法違反、公務執行妨害の罪に問われた無職、飯森裕次郎被告(35)の裁判員裁判の初公判が19日、大阪地裁であった。飯森被告は「たぶん僕がやったであろうことは分かりますが、正直よく分かりません」と述べ、弁護側は「責任能力がなかった可能性がある」として無罪を主張した。

 起訴状などによると、飯森被告は2019年6月16日午前5時40分ごろ、大阪府警吹田署の千里山交番前で、虚偽の通報を受けて現場に向かおうとした同署の古瀬(こせ)鈴之佑(すずのすけ)巡査(28)の胸や腕を出刃包丁(刃渡り約16・8センチ)で複数回突き刺して殺害しようとしたうえ、実弾5発入りの拳銃を奪ったとされる。古瀬巡査は全治6カ月以上の重傷を負った。

 飯森被告は翌17日に大阪府箕面市の山中で身柄を確保され、逮捕された。その際、奪った拳銃を持っていたが、実弾1発がなくなっていたという。

 地検は5カ月間、飯森被告を鑑定留置して精神状態を調べた結果、限定的ではあるが、刑事責任を問えるとみて起訴していた。

後絶たぬ交番襲撃、進む安全対策

 交番や駐在所が襲撃され、警…

この記事は有料会員記事です。残り812文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら