全勝Vの白鵬「引退の二文字が近づいていた」 大相撲

[PR]

 大相撲名古屋場所(愛知・ドルフィンズアリーナ)で7場所ぶり45度目の優勝を果たした横綱白鵬(36)が19日、オンライン会見に臨み、「自分の相撲人生で思い出になる、価値のある優勝。すばらしい日だね、きょうは。最高です」と喜びをかみしめた。

 進退をかけた場所。調整にも不安を残していたという。「引退の2文字が近づいていた。本当に隣にきていた。今まで以上に自分を奮い立たせました」

 手応えをつかんだのは初日だったという。右足で踏み込み、得意と逆の左四つで新小結明生を下した。「野球だったら、シーズン中に、左打者が右で打つ。その相撲で勝てたのが大きかったですね」

 次の目標を問う質問には具体的に答えず、「きょう何もないんだよな、という気持ちよさを久しぶりに味わったね」と優勝の余韻にひたっていた。