• アピタル

南アフリカサッカー男子代表、21人が濃厚接触者と判明

新型コロナウイルス

[PR]

 東京五輪パラリンピックの大会組織委員会は19日、新型コロナウイルス検査で2選手が陽性と判明した南アフリカ男子サッカー代表チームについて、21人を濃厚接触者と判定し、発表した。同国は22日、1次リーグ初戦で日本と東京で対戦する予定。

 濃厚接触者については、試合直前のPCR検査で陰性が確認されれば、出場が認められる。判定後は個室に滞在し、試合や練習を除き外出は禁止される。食事や移動は個別で行い、PCR検査も毎日実施。試合開始前6時間以内を目安に検査を行い、陰性が確認できた場合のみ、出場が認められる。

 また、この日、アクレディテーション(資格認定証)を持つ国内外の3人が新たに新型コロナ検査で陽性になったと発表した。いずれも大会関係者やメディアで選手はいなかった。組織委は毎日、選手や資格認定証を持つ大会関係者、関係業者、国内外メディアなどの感染者数を公表している。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]