「治さな赤ちゃん死ぬ」中絶薬を飲ませた男、偽りの手口

有料会員記事

布田一樹
[PR]

 交際女性から妊娠の事実を告げられた男は、その日のうちにネット通販で国内未承認の中絶薬を購入した。「産みたい」という相手をだまし、薬を飲ませ、中絶させようとした危険な行為。法廷で「身勝手極まりない」と指摘された男の犯行動機とは――。

 5月18日、福岡地裁で開かれた初公判。被告(21)は黒いスーツに黒のネクタイ姿で法廷に現れた。前髪は、目にかかるくらいの長さ。少しうつむいて被告側の席についた。

 起訴状によると、男は2020年9月24日夜、当時18歳だった交際相手の女性に国内未承認の中絶薬「ミフェプリストン」2錠を飲ませ、中絶させようとしたとされる。女性はその後流産したが、薬の服用との因果関係が不明だったため、不同意堕胎の未遂罪に問われた。

 検察の冒頭陳述や証拠資料から明らかになった事件のあらましは、こうだ。

 被告は昨年3月ごろ、女性と交際を始めた。一度別れたが、同年7月ごろから再びつきあうようになった。

 検察は、男は交際中にほぼ避妊具を使うことがなく、妊娠したら「子どもをおろせばよい」と考えていた、と指摘した。

 弁護人「交際中、性交することはありましたか」

 被告「ありました」

 弁護人「避妊具はつけていましたか」

 被告「つけていませんでした」

 弁護人「なぜ避妊していなかったのですか」

 被告「妊娠しにくい体質、と聞いていたので」

 弁護人「女性から、妊娠したらどうしたいか聞いていましたか」

 被告「聞いたことないです」

 9月、女性は妊娠に気づいた。被告に伝えたのは9月19日。妊娠4週目。「産みたい」と打ち明けた。

 被告は中絶を説得したが、女性の意思は固かった。

 このときの被告の態度を、検…

この記事は有料会員記事です。残り2051文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
きょうも傍聴席にいます。

きょうも傍聴席にいます。

事件は世相を映します。傍聴席から「今」を見つめます。2017年9月~20年11月に配信された30本を収録した単行本「ひとりぼっちが怖かった」(幻冬舎)が刊行されました。[記事一覧へ]

連載きょうも傍聴席にいます。

この連載の一覧を見る