延長十回に公式戦初のサヨナラ弾「実は打球を見失って」

吉村駿
[PR]

(18日、高校野球京都大会 鴨沂6-9京都海洋)

 京都海洋の木戸雄介君が公式戦初のサヨナラ本塁打を放ち、試合を決めた。

 延長十回1死一、二塁で、「待っていた」という真ん中のスライダーをフルスイング。右翼スタンドに放り込んだ。

 打った瞬間に右手を突き上げたが「実は打球を見失っていました」。一塁を回ったところで塁審が腕を回しているのを見て、本塁打と気づいたという。

 仲間が見守っていた三塁側は大盛り上がり。「スタンドを見ると気持ち良くて、走るスピードを緩めてしまいました」と木戸君。一歩一歩の感触を味わいながら塁を回った。

 チームは2試合続けてサヨナラ勝ち。勢いに乗って次はシード校の塔南に挑む。木戸君は「持ち味の打撃は出せているが、あくまでも僕らは挑戦者。1打席目からフルスイングしていきます」と語った。(吉村駿)