東京都内で今年初の猛暑日 北海道では観測史上最高も

[PR]

 高気圧に覆われて全国的に晴れ間が広がった19日、東京都内では今年初めて気温35度以上の「猛暑日」を記録した。気象庁によると、午後2時までの最高気温八王子市で36・1度、練馬区青梅市で35・6度となっている。都心でも34・6度まで上がった。

 各地で連日高気圧に覆われて晴れ、関東甲信や東北、北海道などは南風も入って気温が上昇した。18日に6地点で観測史上最高気温を記録した北海道では、19日も午後2時20分までに江別市で34・6度、占冠村で34・2度を記録するなど、6地点で観測史上最高となった。また、山梨県甲州市で37・3度、福島市で37・2度、群馬県桐生市岩手県奥州市で37・1度まで上がった。

 19日は21都府県を対象に「熱中症警戒アラート」が発表されている。外出をなるべく避け、室内ではエアコンを使用するほか、屋外での運動は原則控えるよう求めている。

 台風6号の影響を受けるとみられる沖縄・奄美をのぞき、20日も全国的に晴れて気温が上昇する見込み。予想最高気温は、佐賀や福岡・久留米が37度のほか、東京都心34度、名古屋33度、大阪と福岡36度となっている。