ペットへの支出が増加傾向 フード各社は高級食に力

有料会員記事

宮川純一
[PR]

 ペットの食事にお金をかける傾向が強まっている。ペットの高齢化に加え、コロナ下でペットと過ごす時間が長くなり、健康を気づかった食事へのニーズが高まっていることなどが背景にあるという。

 ペットフード協会によると、ペット1頭を飼う人が1カ月間に飼育に支出する金額は、犬が2017年の9544円から20年の1万2020円に、猫も5777円から7252円にそれぞれ増えた。食事やおやつに使う支出が増えたことが一因だ。

 ペットフード各社は高級食に力を入れる。帝塚山ハウンドカム(大阪市)は19年から、無添加や手作りにこだわった新ブランドを始めた。最も売れているのが、おもに犬用の「腎臓に優しい」総菜のセット(税込み4004円)で、豆腐ハンバーグや鶏モモ肉のクリーム煮など7食分を詰め合わせた。腎臓の病気になるペットが多いため、健康を気づかう飼い主が買い求めているという。

 取扱商品には、やぎのミルク…

この記事は有料会員記事です。残り543文字有料会員になると続きをお読みいただけます。