経産省キャリア2人を再逮捕 詐欺容疑、総額1千万円超

有料会員記事

高嶋将之、田中紳顕
[PR]

 経済産業省のキャリア官僚2人が国の家賃支援給付金を詐取したとされる事件で、警視庁は19日、別の企業の関係者として給付金を受け取ったとして、2人を詐欺容疑で再逮捕し発表した。だまし取ったとされる給付金は計1千万円を超えた。2人は容疑をおおむね認めているという。

 再逮捕されたのは、同省産業資金課係長だった桜井真(28)=東京都千代田区=と産業組織課員だった新井雄太郎(28)=同文京区=の両容疑者。いずれも詐欺罪で起訴され、19日付で同省は2人を懲戒免職処分とした。

 捜査2課によると、2人は共謀し、コロナ禍で収入が減った中小企業のための家賃支援給付金を詐取しようと計画。投資会社の関係者を装って1月に専用ウェブサイトで申請し、600万円を受け取った疑いがある。新井容疑者が手続きし、桜井容疑者がほぼ全額を手にしたという。

 投資会社は新井容疑者が経産…

この記事は有料会員記事です。残り263文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら