「中国がサイバー攻撃関与」 米政権、同盟国と非難

会員記事

ワシントン=園田耕司、編集委員・須藤龍也
[PR]

 米バイデン政権は19日、中国政府が米国などへのサイバー攻撃に関わっているとして非難する声明を発表した。米政権高官は「さらなる行動を排除しない」として、強い措置をとる姿勢を示した。日本などの同盟国サイバー攻撃を非難した。

 非難声明は米国のほか、英国や欧州連合(EU)、北大西洋条約機構(NATO)などが一斉に発表した。米政権高官は「1カ国だけでは中国のサイバー空間における振る舞いを変えることはできない」と語り、米国の同盟国・友好国が一緒になって中国に対して意思表示をする重要性を強調した。

 米国はまた、中国政府が関与したとされるサイバー攻撃をめぐり、米国家安全保障局(NSA)や米連邦捜査局(FBI)が50以上の戦術を解析したとして公表。米政権高官は中国の情報機関、国家安全省を名指しして「犯罪者集団のハッカーを使い、世界中でサイバー作戦を展開している」と指摘し、サーバーなどをウイルスに感染させ、「身代金」をとるランサムウェア攻撃など犯罪活動に関与しているという見方を示した。

 さらに、3月に起きた米マイ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。