韓国大統領訪日見送り 菅首相「日韓、今後も意思疎通」

石井潤一郎
[PR]

 菅義偉首相は19日、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の訪日見送りについて、「日韓関係を健全な関係に戻すために、今後とも我が国の一貫した立場に基づいて、韓国側としっかり意思疎通を行っていきたい」と述べた。首相官邸で記者団の取材に応じた。

 首相は「文大統領がお越しになる際には、外交上、丁寧に対応することを述べてきた」と説明。その上で、「韓国側は大統領(の訪日)見合わせの発表に合わせ、東京オリンピックパラリンピックの成功を希望する旨、述べている。こうしたことには留意したい」と語った。

 文氏の訪日をめぐっては、日韓両政府が首脳会談の実現に向けて調整を続けてきた。ただ、15日にあった韓国メディア記者との懇談で、在韓国日本大使館の相馬弘尚総括公使が不適切な発言をしたことが発覚。韓国側が更迭を求めるなど状況は悪化していた。

 首相は、韓国公使の発言について、「外交官として極めて不適切な発言であり、遺憾だと思っている」と話した。文氏の訪日見送りに及ぼした影響について問われると、「韓国側の対応の背景について私は述べる立場にない」とした。(石井潤一郎)