五輪関係者「15分外出OK」謎ルール 政府が撤回要求

有料会員記事

北見英城
[PR]

 立憲民主党などの野党合同チームのヒアリングが19日開かれ、政府側は、大会組織委員会が東京五輪で来日した大会関係者やメディア関係者に対し、入国後の隔離期間中であっても「15分以内の外出は許可する」との案内板を宿泊先に出していたことを認めた。そのうえで内閣官房は、「この形だとプレーブックの趣旨が全く伝わらない。いったん白紙に戻す」として、組織委に撤回するよう申し入れたことを明かした。

 内閣官房の担当者は、関係者の宿泊先に「入国から14日間経過していないので、外出簿に『ルームナンバー、出発時間』を記載してください。15分以内に戻るようにお願いします」などと記載した案内板が掲示されていることを認めた。

 大会関係者やメディア関係者用のプレーブックには、「例外的」な措置として、ホテルでの食事が難しい場合には監督者を帯同した上で、近くのコンビニやレストランの個室の利用を認めていた。野党側は「コンビニなどへの出入りが自由になっているのではないか」と指摘していた。

■「謎ルール」生まれた背景は…

この記事は有料会員記事です。残り363文字有料会員になると続きをお読みいただけます。