私語禁止の給食 動画で楽しく アントラーズが制作

村山恵二
[PR]

 新型コロナウイルス感染防止のため、前を向き、私語禁止で食べている学校給食。そんな時間を少しでも楽しく過ごしてほしいと、鹿島アントラーズFCが給食時間用の動画を制作した。最初の放送が6月21日、茨城県神栖市立波崎小学校(花ケ崎貴代美校長、児童244人)であり、2年生と6年生が視聴した。

 鹿嶋市出身のGK沖悠哉選手が約6分半、マスコット「しかお」の食に関する質問ボードに答える内容だ。沖選手は「朝ご飯は大事」「試合前には(炭水化物の)うどんを食べている」「普段はまず野菜サラダから食べ、揚げ物は控えている」などと話した。

 6年の笹本乃愛さん(11)は「沖選手が大好きなので、うれしかった。朝ご飯が大事だという話は、やっぱりと思った」と喜んでいた。

 アントラーズによると12月まで夏休み期間を除いて1カ月に1本制作し、7月はMF土居聖真選手が登場する。鹿行5市の小学校で放送される。(村山恵二)